FC2ブログ

まだら工廠

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mustang Ⅲ

タミヤ48のMustang Ⅲ(P-51B)です。英国のマスタングといえば、30年ほど前(小学3年生)にお手つきした郡是レベル1/32のデカール替えキットを思い出します。大根おろしみたいな凸リベットだらけのキットにレベルカラーの8番をいきなり筆で(怖いもの知らず)塗ってはみたものの、いつまでも消えない筆ムラに嫌気がさして結局投げちゃったんだっけな(お母ちゃん、小遣い無駄にしてごめんね)。最近作るものは皆、キットは違えど昔お手つきした機種だったりすることに後から気づきます。人間の性癖好みというのは、どんなに時間が経ってもなかなか変わることがないのものなんだなと実感。

DSC00341.jpg


DSC00340.jpg


DSC00339.jpg


コクピットにはトゥルー・ディティールズ、主脚収納庫にはアイリスのレジンパーツを組み込みました。アイリスのそれはキットにフィッティングさせるまでが大変大変。リューターで主翼の上下パーツを穴が開く寸前まで裏から削って削って削りまくって、勘合性を確かめながらの作業。レジンとプラスチックの粉塵を大量に吸い込んだのではないかと思う。アスベスト被害のニュースを聞くたびに、レジンの場合はどうなんだろうと恐怖してます(これで死んでも世間は同情しないから今度からはマスクをしよう)。

DSC00336.jpg


DSC00337.jpg


DSC00338.jpg


塗装は315sqn.(ポーランド人部隊)のE.ホルバチェフスキ少佐の乗機の予定。オスプレイの表紙を一目見て、これに決めました。タミヤのキットにはそのデカールが入っているけど、これはインヴェイジョン・ストライプのない別の機体(PK○G/FB-387)のもの。ポーランド語の資料“Asy”はその写真を掲載。この機体の前に搭乗していたのが、オスプレイの表紙の機体(PK○G/FB-166)だと思う。胴体と主翼にストライプを巻き、クレジットをズラズラと書き込んだ塗装には凄みを感じます。シートや無線機は米軍の仕様のままだけど(たぶん考証エラー)、もうどうでもいいや。

続きは後日
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。sleepyさんは「コクピットフェチ」ですね~(笑)。どれもすばらしい出来です。P-51はDですが私も1機放置してます。ハセ48で脚収納庫はアイリスを入れました。ハセも苦労しました。それにしても毎回コクピット周りの塗装が上手ですね。実感が出ててお世辞抜きに生で見てみたいです。

JWさん、こんばんは。コクピットフェチですか。思わず笑ってしまいました。実はフェチ度が高いのは脚のほうなんです。脚ってランディング・ギアのことですよ、誤解なきよう。
アイリスのパーツ、ハセガワに入ったと知り驚きました。ハセガワは何か主翼の厚みが足りないような印象がして合わないだろうと思い込んでいたのですが、やればできるんですね。アップしてませんが、タミヤのD型もインストール済みです。
塗装もまだまだ修行が足りないです。どうしても油まみれに汚れたようになってしまいます(飛燕は実際に油まみれだったそうですが)。塗装で汚れと陰影の区別をつけられるようになるには、まだまだ数をこなさないとダメなような気がします。
そうそう、私もすぺほのボーフォート買いましたよ。

「脚」でしたか~。ただスペホのボーフォート、「脚」「コクピット」そのままではちょっと辛いですよ。72はそんなに拘らない、と仰るのならいいのですが・・・。私もリベット打ってちょっと後悔してます・・・。手間掛かりすぎ、です。ボーフォートも楽しみにしてますね。あっ「JANO-CON」終わった後で(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kagirohi.blog45.fc2.com/tb.php/5-2a6bd8d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。