FC2ブログ

まだら工廠

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ShermanⅢ

スピットファイアの防弾ガラスで精根尽き果てたのか、あまりにやる気が起きず、アタマをクリアにしたい(頭蓋骨透明化で脳みそを見せるという意味ではないよ)と思って前からやりたかったブリティッシュ・シャーマンに手を付けてみました。実はまだら工廠は少し「シャーマン道」が入っています。ふだんは神道ですが(?)不定期にM4信仰が起きてトランス状態のなかで製作します。

DSC00463.jpg


3年くらい前に古~いPANZER誌を捲ってるときに見つけた写真。サンドと黒の迷彩にシビレてしまい、このシャーマンはいったい何なのか、当時夢中になって調べました。結論は(おそらく)M4A2シャーマンⅢ。PANZERのキャプションではM4シャーマンⅠとありますが、気にしません。トランス状態ですから。ところがいざ作りたくなっても、直視バイザー型のM4A2のインジェクションキットがない(なかった)。ないものはすぐに諦める性格なので、他のタイプのシャーマンを作って溜飲を下げていました。

DSC00466.jpg


その間、ドラゴンからM4A2がリリースされて、チェサピークのレジンパーツの入手にも成功。しかしながら、そのときは凪の状態になっていたから手を付けることはありませんでした。
で、何がきっかけなのか判りませんが、先週あたりから再び神が降臨。

DSC00467.jpg


この週末2日間でここまでのカタチにもって逝きました(まだら工廠やれば出来るじゃん)。車体上部はチェサピーク、足回りと車体下部はドラゴンのM4A2、砲塔と履帯はタミヤのM4から、ただしガンマウントはタミヤの防盾に手を加えたものとドラゴンのマウントとの組み合わせです。不思議と3社のパーツはそれぞれ反発せずにすんなりと合ってくれました。こんなことすれば、普通はこの段階でストレスを感じるものなのですが、苦痛を感じません。なにせトランス状態ですから。

鉄は熱いうちに打て!シャーマンはアタマが覚めないうちに作れ!
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。
いきなり「シャーマン」ですか(笑)。
小さい頃にはMMメインで作っていました。
(小、中学生)それ以来はご無沙汰です。
なんか今のテクニックなど全く分からないので
ろくな物が出来そうもないです(汗)
でも超絶モデラーのある方はAFVのテクも応用がきいて一味違う飛行機が出来るよ!と仰ってました。
作りたいんですが、債務処理で手一杯ですぅ・・・。
これもまた楽しみ!です。

こんばんは、JWさん。
私もタミヤのMMやバンダイの48シリーズで育ちました。あの頃は理屈ぬきでひたすら作ってましたね。最近のAFVの模型はすごいですね。ディティールの追求は鬼気迫るものがあります。ちょっと敷居が高すぎる感じがしますが。
わたしも債務処理のロードマップを考えると気絶しそうになりますが、「塩漬け」という言葉に救済の道を見出そうとしています(笑)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kagirohi.blog45.fc2.com/tb.php/13-da2a1f3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。