FC2ブログ

まだら工廠

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靖国神社・遊就館へ

先週の土曜日、九段の靖国神社に行ってきました。

gate.jpg


今年のお花見どこでしようか?と考えていると妻が突然、
「靖国神社の遊就館に行こう」と言い出しました。
日本は中華思想との抜き差しならぬ対決を避けられない、とふだんから考えていた私たちなので、靖国に行くのは自然な成り行きなのかもしれません。まだ靖国に行ったことのない妻は、「そんなに中国・韓国から文句をつけられる所なのか?まずは自分の目で確かめよう」という気持ちから遊就館に行こうと思ったようです。敬意を示すために、きものを着て行きました。

いろいろと都合が重なって桜のシーズンには間に合いませんでしたが、それでも境内には紅白の八重桜がまだ咲いていました。

yaezakura.jpg


館内は若い人や外国人が多く目に付きました。皆、神妙な面持で展示物に見入っていました。私たちが着いたのは午後遅くで見物は駆け足になってしまいましたが、いつのまにか妻はデジカメにいろんなものを収めていました。

zero52.jpg

零戦52型

ouka.jpg

桜花11型

suisei.jpg

彗星12型

chiha.jpg

97式中戦車チハ
妻いわく「やわらか戦車」

展示品の中で彗星12型を間近で見ることが出来たのは収穫でした。機体の表面をみながら「モケーに死に物狂いでスジボリ彫るのっていったい何なのよ?」と感じました。薄い板の重ね貼りといった感じで、凸でも凹でもない、もっと別の発想で捉えないと日本機のディティールは得られないんじゃなかろうかと考えていました。

あっという間に閉館時間。さいごに拝殿へ参拝しました。外国の人も手を合わせていましたよ。今度はゆっくりと時間をかけて見物をしようと思います。

あえて誤解をおそれずにいえば、神社というより宛らアミューズメント、教育施設です。初代の遊就館は明治期にイタリアの建築家の手による洋館として建てられました。なんと神社の境内に西欧建築です。ヨーロッパのサーカスの公演も頻繁に行われていたとのこと。この娯楽性、いま開催中の奉納プロレスにも息衝いていると感じます。今を生きている人間が国事に倒れた人々と対話できる空間として、政治とは切り離して捉えなおす機会が来ているように思いました。日本人として、神社参拝の作法を身に付けるのにも良い場所です。


スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。