FC2ブログ

まだら工廠

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fw190 F-8, yellow 14

前回の更新からおそろしく時間が過ぎていることに驚愕のまだら工廠、ようやく機体の塗装へ。

DSCF0416.jpg


続きを読む »

スポンサーサイト

Fw190 F-8, yellow 14

はやいもので今年も半分が過ぎてしまいました。こんな調子で時間が経てば、部屋のなかのストックは永久に減らず、机の周りはいつまでもフォッケのコクピットのように整然と片付かない。そもそも作業がすすまないのは、こんな辛気臭いこと根詰めてやっているからなんだよ!わかってんのかーーー!!と葛藤しつつエンジンにプラグコードを植え込む作業。

続きを読む »

Fw190F-8, yellow 14

まだら工廠、今年も開店休業の状態でしたが、なんとか製造ラインを再び立ち上げました。こんなしょぼいブログでも巡回してくださってる方はいらして、ほんとうに済まなく思ってます。前作J2M1から1/144にのめりこみましたが、小スケールは性に合わないらしく、完成させることないまま疲れ果てちゃいました。気を取り直して今は1/48に戻っています。

さて現在ラインに上がっているのは、タミヤの1/48Fw190A-8。F-8に新規パーツを加えたキットです。といってもA-8にはせず(エデュアルドの新作A-8が手に入ったので、そこでのお楽しみにする)、A-8のどこを弄るとF-8になるか勉強しながらの制作です。

続きを読む »

J2M1十四試局地戦闘機

DSC00542.jpg


イタリアに逝ってきて以来かかりきりになっていた1/144試製雷電、ようやくロールアウトです。ご挨拶遅れました、あけましておめでとうございます。ほんとうはこれで謹賀新年のページを飾りたかったのですが、例によって遅れに遅れました。ROMしてくださってる方々、今年も宜しくお願いいたします。

ベースはフジミ1/144のキット。現在までのところプロポーションが最も正確だというウィングクラブの完成品キットを使ってもよかったのですが、加工し易さと控えめなスジボリを採ってフジミとしました。

雷電というと四翔プロペラと濃緑色の迷彩のイメージが強いですが、雷電のプロトタイプである十四試局戦J2M1は、三翔プロペラに明灰白色の塗装で完成しました。10年前のモデルアート臨増『雷電』に掲載された、鮮明なモノクロ写真にひかれて製作を決めた次第。

昭和17年2月に完成したJ2M1では早くも風防の視界不良が問題として指摘され、ただちに風防の形状がJ2M2以降のものに改められます。よって今回つくったのは8機作られたJ2M1のうち風防改修後の機体です。改造のポイントは次のとおり。

続きを読む »

Spitfire over Malta

北朝鮮が放ったミサイル7発は日本人の覚醒を促すんでしょうか?

韓国の古い友人から電話。日本の様子を伝えると意外な様子。
「北のミサイルの性能なんてタカが知れてるから当たりっこないし、それに日本のミサイルの性能のほうがずーっと優秀だから撃ち落せるでしょ?だから韓国ではほとんど気にも留めてないよ」

とんでもない。飛んで来るミサイルを全て迎撃できる仕組みなど将来の話だし、この国は攻撃されても直ちに報復することができる国ではないのだ。あさっての夜に10年ぶりに都内で会う約束をしたけど、日本の国情をどう理解してもらうかずっと考えながら、のろのろとマルタのスピットファイアにエナメルのウォッシング。

DSC00444.jpg


スピットファイアは油まみれのイメージなので黒をかなりきつく入れましたが、エナメルは乾燥がすすむと印象もかわってくる(気がする)ので数日は様子見。

DSC00443.jpg


機体の上面にどのような情報を加えるか思案中。マルタに到着早々、かなり酷使されたようなので凄まじい汚れ方をしたんだろうと想像。

DSC00445.jpg


なんとも華奢な脚です。ハセガワよりもタミヤのほうに表現力を感じるので、まるごと流用。

砂漠迷彩にスカイはおかしいんじゃないの?と思われる御仁もかなりいらっしゃることでしょう。地中海戦域では北アフリカよりも先にマルタに投入されたスピットファイアですが、その塗装は少々謎めいているのです。米空母にぎっしりと積まれて、マルタに向けて飛び立つスピットのモノクロ写真がいくつもありますが、下面が白っぽく明るい色に写っている機体がいくつか認められます。この色が何なのかかなり悩みましたが、F.A.A.では下面色にスカイを使い続けていたことを思い出し、スカイは実は塩害対策用の塗料なのでは?と想像。よってマルタ行きの機体には塩害対策としてスカイが塗られた、というのが今のところの仮説です。ここでは、思い切ってスカイよりも明るい日本陸軍機色の灰緑色を塗ってみました。

スカイにはそうした効果があるんだとしたら、零戦にスカイによく似た色調の塗料が塗られていたのはただの偶然か?それとも何か関係があるのか?日本がイギリスの塗料をどうやって手に入れた?
ちょっと調べてみる価値はありそうです。

 | HOME |  »

FC2Ad

まとめ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。